相続税理士の選び方|実績と経験が重要

選び方

遺産相続を行うときに頼りになる存在である税理士ですが、税理士にもいろいろな人が存在しているので、慎重に選ぶ必要があります。税理士を選ぶ基準となるポイントはいくつかあるのですが、その中の1つが実績と経験を重要視することです。実績がたくさんあるということは、その分経験も十分に積んでいるということを意味しています。また、実績がたくさんあるということは、多くの人から依頼を受けているということなので、その分知識も豊富にあると考えてよいでしょう。

実績と経験が豊富な相続に強い税理士を厳選しているポータルサイトがあるので、まずは、こちらを参考にするとよいでしょう。
遺産相続税対策・申告・無料相談|税理士相談カフェ

もちろん事務所を立ち上げた当初はどれだけ優秀な税理士であっても実績はありません。しかし、税理士の資格を取得していきなり事務所を立ち上げる人だけではなく、他の税理士事務所などで経験を積んでから独立する人もいるでしょう。このような場合には、しっかりと経験を積んでいるということになるので安心できます。まず税理士を選ぶ前には、遺産相続に詳しいことが重要です。そのため、他の実績を調べても全く意味がありません。

どれだけ遺産相続の案件を引き受けているのかが重要になるのですが、税理士のホームページには、実績が何件と書かれていることも多いでしょう。このときに重要視することがもう1つあるのですが、何年間で何件の実績があるのかという点です。例えば開業して3年しか経過していないのに、実績が1万件以上と書かれていたら、当然嘘の表記であることがわかるでしょう。逆に開業して10年で1万件であれば、決して不可能な実績ではありません。

このように実績を調べるときには数だけを見るのではなく、何年で何件の実績があるのかを調べることが重要になります。場合によっては年数が書かれておらず、実績のみが記載されていることもあるでしょう。このような場合には、会社概要や事務所概要を確認し、いつ開業したのかを調べておくべきです。そうすることで実績がどれぐらいあるのかが分かるようになります。もちろん実績や経験以外にも、調べておくことはたくさん存在しています。

相続税申告は、案件数を税理士の数で振り分ければ、一人1件やるかどうかの件数です。つまり、相続に特化した税理士へ仕事が集中しています。力をいれている税理士をみつけることが重要にになります。